本当の差別化とは

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

ユニクロが
世界共通の賃金制度を導入する。

 

そんな記事が世間を騒がしたのも
ずいぶん昔のことのように思えます。

 

時間のたつのは早いですね。

 

実はこういうことに代表される最近の変化は、

これからの10年で
従来の常識が通じなくなる可能性が
非常に高いということを示しています。

 

実際、
過去10年の変化はどうだったでしょう?

 

たとえば従来は、
どこかの会社に「就職」する
というのが日本の常識でした。

 

ところが
すでに若い人達でちょっと頭のいい人々は、
インターネットを使ってお金を稼げば、
必ずしも就職の必要はない

という生き方をしています。

 

 

終身雇用の崩壊、年金問題、少子高齢化社会など

従来と比較して、
とっくに「ルール」が変わってしまっているからです。

 

変化したルールの中で生き残るためには、
自分自身が柔軟に変化を続ける以外はありません。

 

 

今までの常識を疑って、差別化を図る。
これが大切なポイントになります。

 

 

ですが、差別化を図るというと
多くのアフィリエイターが、

 

テンプレートのカスタマイズに無駄な時間を使ったり、
変なアバターを作るのに無駄な労力を費やしたり、
そういった誤った「差別化」に陥っています。

 

しかし実際は、
そんなものは差別化でもなんでもありません。

 

他の人とちょっと違う服を着た程度で、
突然ものすごく異性にモテはじめるかというと
そんなことはありますか?

 

ちょっと考えればわかることです。

 

そんなことよりむしろ、
もっと本質部分を変えていく必要があるわけです。

 

その1つが、
別ジャンルからの置き換え」です。

 

つまり、
自分が取り組んでいるジャンルでない世界から知識や情報を集め、
それを自分が取り組んでいるジャンルに当てはめること。

 

これが圧倒的に「差別化」する秘密です。

 

他のジャンルでは「常識」なことでも、
自分の取り組んでいるジャンルでは「非常識」。
こんな例はいくらでもあります。

 

実際、稼いでいる人は
専業アフィリエイターよりもむしろ、

 

●サイトアフィリエイト

●輸入ビジネス

●ネットショップ

●海外不動産投資

●株式投資

●FX

●ギャンブル(競馬・競輪・パチスロ)

などを本業にしている人の方が多いわけです。

 

他の業界の人と出会い、実際に話し、
そこで得られた知識や情報を、
アフィリエイトに「当てはめてみる」、
若しくは、「置き換えてみる」。

 

こうすることで、他の人とは全く違う
圧倒的な「差別化」が出来るわけです。

 

例えば、情報教材や高額塾を売る時にはいつも

 

「ビジネスには投資が必要です!」

 

なんて言葉が踊ります。

 

確かにこれ自体は本当のことですし
投資をしないとビジネスは膨らみません。

 

しかし、この「投資が必要」などと言っている人の一体何%が、
株式やFXなどの一般的に言われる「投資」をしている、
若しくは、学んだことがあるでしょう?

 

おそらくほとんどが、
実際に十分な投資などしたこともなく
誰かの受け売りで言っているに過ぎません。

 

そんな中で、本気でしっかりと「投資」を学び、
利回りなどの観点から「投資の重要性」を
きちんと伝えることが出来れば、
これは大きな「差別化」になると思いませんか?

 

もちろん、これは一例ですが、
自分のメイン事業とは「違うジャンル」からの
発想・置換は他のアフィリエイターとの大きな差別化になるわけです。

 

 

 

応援ポチっとお願いします♪ いま何位かな?

メールマガジン

役立つ情報メールでお届けします
【月収100万稼ぐ力。会社に内緒でネット起業】


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

メルマガ登録してくれた方には特典があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ページの先頭へ