理想のお客さんが集まるホームページ

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

現在すでに
ホームページやブログを持っていて、

 

今のホームページから、さらに集客・販売したい。
集まるお客さんが、理想のお客さんだったらなぁ。

 

そんなことを考えませんか?

 

 

そこでちょっと
理想のお客さんが集まるホームページ
を作成するためのヒントについて書いてみました。

 

キーワードとか
検索上位対策とかではありません。

 

ホームページを設計する時は、
単に「お客さんが集まりさえすればいいや」とは考えずに、

 

どのようにしていくと
理想のお客さんがたくさん来られるか?

を考えます。

 

ホームページに
いいお客さんがたくさんやって来られるようになると、

ホームページを作る自分も嬉しくなり、

 

自然と良いサービスが提供でき、
より理想の関係性が楽しめるようになってきます。

そしてよい循環が産まれます。

 

 

それにはまず、
理想のお客さん像をイメージする

ことから始めます。

 

その人は、どんなホームページに魅力を感じるのか?
どんな風に商品やサービスを案内していけば良いのか?
どんな風にホームページのスタンスを紹介していけば良いのか?

 

理想のお客さんが、自分のホームページにやってこられるよう
しっかり「導線」は作れているか?

 

自分のホームページに訪れた時、
何屋さんで、何のサービスを提供していて
どのようなお客さんに向けてなのか一瞬にして理解できるか?

 

訪問者が
「あ、私が欲しいと思っていたものがここにある!」
とすぐに理解し、しっかりと得られるまで「動線」が完成されているか?

 

購入に至るまで、さまざまな不安を先回りして察してあげて、
購入後までしっかりフォローされているか?

購入された後の世界観をしっかり伝えられているか?

 

ざっと代表的なことを上げると、
上記のようなポイントをしっかり作り上げて行きます。

 

そして、お客さんを囲い込もうと考えずに、

いかによいお客さんに囲まれるか?

をポイントに考えて行きます。

 

ここ大事です。

 

お客さんを囲い込もうと考えれば考えるほど、
奪う思考になるし、

理想のお客さんに囲まれようと考えると、
提供出来るものは何があるだろうか?

と考え始めます。

 

特にホームページは上手に運営すると、
コストをかけずに多くの方に提供できることができます。

 

例えば、ゴルフクラブのサイトであれば、
クラブを長持ちさせるコツを紹介したり、

お料理ブログであれば
オーブンを上手に使う方法を伝授したり、

接骨院であれば、
肩こりを軽減する方法をホームページ上で
紹介したりできます。

 

ベースには、
自分がやってるサービスや商品が大好きで、
少しでもその良さを知ってもらおう、少しでも楽しんでもらおう、
少しでもこの世界観を共有しようと言う気持ちが
ホームページからあふれ出ると、
共感したお客さんが愛をもってやってきます。

 

ちょっとキザな言い回しですがね(笑)

 

そこで
自分の愛情が溢れ出る秘密の質問があります。

 

それは

「そもそもどうしてこのホームページを運営しているの?」

自分に対してこの質問を何度も問いかけてみます。

 

「数ある商品の中から、そもそもどうしてこの商品を選んでるんだろう?」
「そもそもどうして、このホームページをスタートさせたんだろう?」
「そもそもどうして、今も続けているのだろう?」
何度も質問すると、自分の中の純粋な気持ちに出会えるかと思います。

 

「あ、ゴルフ道具を大切にしたいからだ。」
「あ、お料理が好きで料理法を工夫するのが楽しかったからだ。」
「整体でこの町の人を元気にさせたいと思ったからだ。」

 

出会った気持ちを大切にしながら、
いったいホームページを活用して
どんなことが出来るだろう?

世界に何を提供出来るだろう?

と考え始めると、
新たなアイディアが生まれるかもしれません。

 

 

 

応援ポチっとお願いします♪ いま何位かな?

メールマガジン

役立つ情報メールでお届けします
【月収100万稼ぐ力。会社に内緒でネット起業】


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

メルマガ登録してくれた方には特典があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ページの先頭へ