うまい文章の書き方

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

うまい文章の書き方って?

 

そもそもあなたは
今自分の文章を読んでどう感じるでしょうか?

 

黙って読むだけだと
案外気づくことは少ないですから

 

声に出して読んでみたり、
あるいは印刷してチェックしてみましょう。

 

今まで気が付かなかったことに気が付くことが多いです。

 

例えば

 

・なぜアクセスが増えないのか?
・なぜこの文章は面白くないのか?
・なぜ教科書や参考書のようになっているのか?

 

やった人だけが分かります。

文章のオチも正解は1つだけじゃありません。

 

どんなオチが反応がいいか

色んなパターンを用意してテストしてみましょう。

 

商品のレビュー記事を書いていて
うまくオチ(アフィリリンクへの誘導)を
つけられないのが悩みという人は多いです。

 

「○○はおすすめです。」とか

「○○したらいかがでしょうか?」

 

なんていうのは平凡です。

 

平凡で終わるということは当たり障りない
文章を書いている証拠。

感情も入っていないし自信もない。

 

そこでやってみて欲しいのは
そのオススメ商品を
自信を持って本気で紹介してみるということ。

 

文章のオチは1つだけじゃないので、
色んなパターンを試してみましょう。

 

最初から上手く出来るはずもありません。

そんなことが出来たら誰も苦労しません。

 

何回も何回もテストして経験を積むからこそ、
自分なりのオチがいくつも発見出来るようになる。

 

迷った時ほど

 

自分がお客だったらどういうオチが刺さるのか?
ワクワクするのか?

 

考えてみてください。

 

 

実は
うまい文章を書こうとすればするほど、
つまらない文書になるし、反応がとれない文章になります。

 

 

そういう時は
なるべくシンプルに物事を伝える。

これが効果的です。

 

 

専門用語をたくさん使って書く人がいますが、

専門用語は、
文章はかっこ良くなるかもしれないけど、
どんどん分かりにくい文章になっちゃいます。

 

あなたが使っているその専門用語さえ
知らない人がいるわけですから。

 

不親切なわけです。

 

専門用語をできるだけ使わずに
違う事例も入れて解説すると
1つのテーマが凄くイメージ出来て
分かりやすい文章になります。

 

 

さらに、淡々と説明するよりも
しっかりとあなたの本音や感情を入れてみましょう。
生きた文章になります。

 

結局、うまい文章の書き方とは

 

誰が読んでも分かりやすく、
自然と最後まで読めて、思わず無意識に行動を起こしてしまう

 

文章のことです。

 

 

ドラマを観て感動したときに
あなたが涙を流す時は、意図的ではないですよね。

自然と涙が流れますよね。

 

文章も同じ。

めちゃくちゃ感情を込めて書けば感動してもらえる。

 

 

喜怒哀楽の何らかの感情が文章を読んで起きるということは、
あなたの文章には「ハート」が入っているということ。

 

うまい文章 = 売れる文章 じゃない。

 

「人の心にグサッとくるような文章がうまい文章」なんです。

 

 

うまく文章を書こうとする必要はありません。
相手の心に何か響くような文章を書きましょう。

 

 

すぐには難しくても
意識して100記事ぐらい書けば、
自然と身につきます。

 

 

とにかくやってみましょう。
経験は確実にあなたの自信にもつながります。

 

そのときに
商品を売ることばかり考えるのではなく、

 

まずはファンを作ることを強く意識するだけでも、
お客のあなたを見る目は変わってきます。

 

 

 

応援ポチっとお願いします♪ いま何位かな?

メールマガジン

役立つ情報メールでお届けします
【月収100万稼ぐ力。会社に内緒でネット起業】


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

メルマガ登録してくれた方には特典があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


WP-SpamFree by Pole Position Marketing

ページの先頭へ